無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV) 無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)
rsst.tvとはアーティスト一覧ブログライブオーディション活動履歴動画を見るには
rsst.tv トップ
『肘掛は必須です』
2006/9/16

ちょっと前にパソコン用の椅子を買い換えた。

前の椅子は長時間座っているとお尻が痛くなるわ、背もたれがギーギーいうわで大変な騒ぎだったから、結構前から換えたいなーと思っていた。
でもいざ探してみると、なかなかいいのが見つからないもんだねー。

まず、机の下のサイズを測ってみると、思っていたよりかなり小さかった。

頭の高さまで背もたれがある椅子にして、パソコンでの作業に疲れたら
「ふい〜」
という感じで、背もたれに体を預けてしまい、ついでにそのままウトウト・・・

というのがちょっとした夢だったんだけど、そういう椅子はみんなサイズがでかくて、机の下に収まりきらないので断念。
机の下に収まりきらない椅子なんて、ワクに収まりきらないアウトローなヤツみたいでちょっとかっこいいけど、そういうヤツは往々にして、扱いが大変だよね(ウマい)。

あと、「肘掛」は今回必須条件にした。

ただ、ひとつ困ったことがある。
それは肘掛があると、椅子に座ったままギターが弾けないということだ。

今はパソコンのディスプレイの横にスピーカーがあり、音楽を聴くときもすべてそのスピーカーから流れるようになっている。
だから、CDにあわせてギターを弾くときには手すりがあると邪魔になってしまう、ということだ。

ただ世の中探せばいろいろあるもので、いろいろ探し回った挙句見つけたのが、肘掛が折りたためるタイプの椅子。
これは肘掛をしまいたいときは、ワンタッチで後ろに倒してしまえるものだ。

これなら、ギターを弾くときだけ肘掛を倒してしまえばいいし、机の下に椅子をしまうときもすんなり入る。
あと、肘掛をしまうと、椅子の上であぐらが欠けるという予想外の利点も!

家でだらだらしているときは、椅子の上であぐらのひとつもかきたくなるもんでしょ。
たまに正座もするけどね。

というわけで、今は快適なすわり心地で作業しております。
はあ〜らくちん。

『サブカル電波』
2006/9/16

今回は幽霊の話について。

常に疑問を持っている事があります。
『なぜ幽霊は服を着ているのだろう??』

人間には魂がある=死んだ後も肉体はなくなっても魂は残るから幽霊になる。

うむ、何となく分かる(ちなみに俺はその類は一度も目にした事がない)。
魂だけが形となって、人の目に触れる事もあり得るんじゃないかな〜、とは思うわけですよ。

では、『ポリエステル』は?『合成繊維』は?
それらに魂は宿っているのでしょうか。・・・というより、『命』と言われる生命を持ち合わせているのでしょうか??

当然、なしである。
ならばなぜ、幽霊は『服を着ているのか?』。死んだ時点で残るのは魂だけなのであれば、魂のない服はついてこないのではないか??

『軍服姿の幽霊』『赤い服を着た女の子』『看護婦さん』

・・・なぜ服を着てるのだ??
という事で、俺的には幽霊とは

『人の脳が見せる電気信号』

ではないかと思ってみたりする。
人間の脳は、脳波と言われる『電波』の伝達によって、ものを見たり感じたりするというお話を聞きました。所詮、人間も電気信号のようなもので感覚を持ち合わせている生き物なんだとさ。では、『幽霊』を見る時はどんな時か。

死んだ人間の『魂』と言われる『電気信号』が死んだ場所・もしくは思い入れの強い場所に残る。それを、『静電気をよく受ける体質』のような人が受信してしまって、死んだ人間の『電気信号』を受け入れる。

その時に初めて、人間は『幽霊を見た』とするのではないだろうか。
『電気信号』であれば、『情報』がその場に残るわけだから、服を着ていても不自然ではないような気がします。『幽霊』だと胡散臭いが、『個人の情報が残る』だとなるほど・・・あり得る気がします。

・・・最近のスピリチュアルブームに乗っかって、サブカルな話題で失礼(笑)。人間は知らない事の方が多いんだってね。自分も、そういう不思議
体験をあまりした事がないので、ふと、こんな事を考えてみました。

では、また!!

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)