無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV) 無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)
rsst.tvとはアーティスト一覧ブログライブオーディション活動履歴動画を見るには
rsst.tv トップ
『車中のバイリンガル』
2006/2/18

先日、電車に乗っていたときの出来事。

外人の男性と、日本人の女性が一緒に乗ってきた。
その2人組は俺の右側に座って、会話を始めた。

なんとなくその会話を聞いてたんだけど、どうやら2人とも日本語で話している。
男のほうは明らかに外人顔なのに・・・。

まあ、日本語がペラペラの外人っていうのもいなくはないから(ダニエル・カールとかウィッキーさんとかね)そんなに気にはしなかったんだけど、途中から何を言ってるのかだんだんわからなくなってきた。

よーく聞いてみると日本語と英語がごちゃごちゃに混じって話をしている。

「だからー、my body は big だから、I can'tなんだよー」

といった感じ。
体が大きいからいったい何ができないのか、興味が尽きないところではあるが、そこはうまく聞き取れなかったので謎である。

それより、日本語と英語のごちゃ混ぜ具合がものすごく、ところどころに入ってくる日本語すらも、英語に聞こえてしまうほどだった。
こういうのって、きっと本人はあんまり意識しないで、ごちゃ混ぜになってるんだろうな。

いつかは外人とアメリカンジョークの応酬ができるぐらいに英語が話せるようになりたい俺としては、それってなんだかカッコいい!と思ったが、自分が地元に帰ると、方言が何の苦もなくすらすらと出てくるのを思い出して、たいしたことねーじゃん!という結論に達した。

こういうしゃべり方の人ってどこかにいたよなーと思って、考えてみたら

ルー大柴

ということが判明した。
まあ、英語の発音は明らかに今回の電車のカップルのほうが上だが。

どうでもいいけど、ルー大柴の「togetherしようぜ!」という言葉は、何回聞いてもツボに入ってしまうのは俺だけだろうか?

『深夜のアジアの片隅で』
2006/2/18

職場の近くに、とあるアジア系洋服屋さんがある。
「shanit」という名前なのだが、ここがとにかく、謎の営業スタイル・・・。

何と服屋のくせして、営業時間が明け方4:00までという、何ともバイタリティに溢れた心意気なのである。

という訳で、仕事の後やお昼時には重宝しているし、ここで色々買ってしまうことによって、自然、アジアテイストでまとまった俺が出来てしまうのである(今は冬で寒いから防寒重視の服着てますが)。

そして最近、この「shanit」6周年記念と称した、
「Tシャツ袋に詰め放題5,000円!!」というものが5日間限定で開催された。

こりゃ、行くしかないでしょう。

そして、職場のスタッフ5人でパーティーを組んで、ドラクエよろしく、夜中の11時過ぎに足を運んでみる。

詰め放題コーナーに掲げられていた看板。
「今までの最高記録:8枚!!」

・・・火がついたね。

この瞬間、店の迷惑も省みない男たちの挑戦が始まった訳である。各々、深夜のテンションもありバーゲンのおばさん並の品定め。基本、広げたTシャツは畳まず放りっぱなしである(最悪)。そんなこんなで、選んだTシャツをとにかく細長く細長〜く、スティック状にしてコンビニでもらえる程度の大きさの袋に詰めていく。

「もう一枚いけねぇか?」「いや、いけるだろ」
「これ上に乗っけちゃ駄目なのかな?」「長袖部は袋から垂れてても良くねぇ?」「いや、いけるだろ」

もう深夜のちびっ子ギャング団である。
結果、袋の上にTシャツを積んだソフトクリームみたいなのが完成。いやいや、七割はみ出てるし(笑)。

・・・当然、却下(そりゃそうだな(笑))。

ここで諦めないのがちびっ子ギャング団。
袋のビニールを少しづつ伸ばして、容量を広げてからねじ込むねじ込む・・・。なんとかコンパクトにまとめて苦笑いの店員チェックをリトライ!!

「まぁ〜・・・OKと・・・しましょうか〜・・・。」
カウント数:7枚!!まぁ、Lサイズが多かったのにこの数は奇跡的でしょう。というわけで一同、やり遂げた達成感で家路に着いたのでした。以上!!

無料音楽動画配信 PV視聴 インディーズラウド専門rsst.tv(レジストTV)